韓国ドラマ LovingYou: なぜか気になる韓国ドラマ・韓国エンタメ情報
iTunes Store(Japan)  

2013年07月23日

韓国ドラマ 『Loving You』 あらすじ 第11話〜第16話(最終回)

パク・ヨンハが『冬のソナタ』に続き主演。
済州島を舞台に男女4人が繰り広げる青春ラブストーリー。
韓国ドラマ 『Loving You』第11話から第16話(最終回)のあらすじです。

第11話
ミンから、ダレに身分を明かすよう求められたヒョクは、大事な話があるから会おうとダレに電話をかける。それを盗み聞いたスギョンは、ヒョングンと会い、ダレが父親殺しの目撃者を知っているようだと伝え、ダレを襲わせるように仕向ける。
翌日スギョンは、出かけようとするヒョクを捕まえ、想いを告白するが、受け入れられない。ダレを愛しているというヒョクに、スギョンは、チャンワンが自分を疑っているダレを放っておくまいと漏らす。ヒョクは、最近よく見かけるチンピラたちを思い出し、不安に駆られる。一方ヒョングンは、ダレを倉庫に監禁して、目撃者と父親の日記帳の在りかを聞き出そうとする。ダレと連絡の取れないヒョクは、チャンワンの秘書から、例のチンピラが、以前クラブで働いていた用心棒であるヒョングンであることを聞き出す。クラブの従業員に詰め寄り、ヒョングンの居場所を突き止めたヒョクは、倉庫に駆けつける。

第12話
ついにヒョクがチャンワンの実の息子だと知ったダレは、激しく動揺する。
忘れようにも二人の思い出が溢れてきて、涙することしかできない。その頃スギョンは、ヒョングンたちに襲われた時の大ケガで入院しているヒョクを看病していた。そこで、チャンワンへの思惑からヒョクの見舞いに来たヒョングンと鉢合わせする。スギョンとヒョングンの話を偶然耳にしたミンは、スギョンがヒョクを助けた女性ではないと確信する。
入院中もダレのことしか頭にないヒョクに対し、スギョンは苛立ちを隠せない。見舞いに来たチャンワンに、「ダレが復讐の為にヒョクに近づき、破滅させようとしている」と吹き込む。一方ヒョングンは、ヒョクを袋叩きにしてしまったミスを取り返すため、留守中のダレの家で日記帳を捜すが果たせない。空き巣に驚いたダレが警察に届けに行くと、そこにチャンワンと親しげに話す刑事の姿があった。その足で病院に向かったダレはヒョクを呼び出す

第13話
ヒョクとダレは、ヒョングンの尾行を振り切り、カンの家に行く。だがカンから聞き出せたのは、事件の目撃談は事実無根で、単なる噂に過ぎないということだった。その様子を、偶然カンの家の前を通りかかったヒョングンが見ていた。
二人が帰ったあと、ヒョングンはカンを脅し、口封じをする。そして、3人が会っていた事をチャンワンに報告し、自分の立場を優位にしようと図る。
報告を聞いたチャンワンは、ヒョクとダレを引き離すため、ヒョクを呼び出し、ハワイ支社へ3年間の出向を命ずる。拒否すれば、ダレが困ったことになるとまで言う。
さらにダレを呼び出すと、手切れ金として何でも望みを聞く代わり、ヒョクと別れるよう圧力をかける。
一方スギョンは、ヒョクに近づくため、事故当時の風景を絵に描いて持っていくが、事実と異なる点をヒョクに指摘され、不審を持たれてしまう。
それを聞いたミンは、真実をヒョクに告白するよう、スギョンに詰め寄る。

第14話
空港での待ち合わせが果たせなかったヒョクとダレだったが、事故現場の海岸で偶然再会する。
ヒョクは、チャンワンの部下の捜索から逃れるため、ダレを連れ、牛島(ウド)に渡る。数日そこで過ごしてからソウルに行こうと誘うヒョクに、ダレは、母親を置いていけないと答える。
その晩は民宿で過ごした二人だが、楽しかった時間を回想するだけだった。
一方、再びダレの家に侵入したヒョングンは、とうとう日記帳を手に入れる。そこへ帰ってきたダレの母親は、ヒョングンに脅され、ショックで倒れてしまうが、家を訪ねてきたスギョンに助けられ、入院する。
翌日、家に電話したダレに、留守番をしていたスギョンが母親の事を告げる。その時ダレの居場所を聞き出したスギョンが、チュンリムに連絡を入れたため、ダレと共に戻ったヒョクは、船着場でチャンワンの部下に捕まってしまう。チャンワンと顔を合わせたヒョクは、親を捨てて幸せになれるものかとなじられる。

第15話
スギョンが酔っ払ってヒョクの部屋を訪ねる。ヒョクのあまりに冷たい態度を責めながら、からみついてくるスギョンに手をやいているところへ、ミンが入ってくる。
スギョンの行動に、ついに我慢しきれなくなったミンは、スギョンをホテルのプールに放り込み、事故の時ヒョクを助けたのは自分じゃないと告白させる。
翌日ダレに会ったヒョクは、二重帳簿を見つけたこと、さらにそれを材料にして、チャンワンに、ダレの父親の事件の真相を公表するよう迫ると話す。
ダレは、父親と自分の間で苦悩するヒョクに、この件から手を引くよう頼むが、ヒョクは、真実は明らかにされるべきだと答える。
一方チュンリムでは、開発中のレジャータウンへの資金が止まるという緊急事態が持ち上がり、連鎖倒産の危機に見舞われていた。対策に苦慮するチャンワンのもとへ、ヒョングンがやってきて、ダレの父親の事件をネタに脅迫を始める。激昂したチャンワンは、ついに倒れてしまう。

第16話(最終回)
ヒョングンの狂言誘拐で呼び出され、以前の倉庫に向かったヒョクとミンだったが、ミンがヒョングンに捕まり、ナイフを突きつけられてしまう。そこへスギョンとダレも駆けつける。ヒョングン有利の展開になるが、あわやというところで警察が踏み込む。
事情聴取の時、ヒョングンは、会社の不正をちらつかせ、ヒョクの口を封じようとするが、ヒョクは全てを話し、ヒョングンをダレの父親殺害で告発する。
その夜ヒョクは家までダレを送る。事件が解決したのに、あまりうれしくないと語るダレと、ヒョクは言葉少なに別れる。
事件の真相が公になり、チュンリムに、国税庁の捜査が入る。会社は危機に陥ったが、ヒョクが副社長に就任し、立て直しを図る。その一環として、ヒョクは、ハワイに行くことを決断する。ダレに連絡しないまま、あわただしく日々が過ぎていく。ある日、ダレとの思い出の果樹園をあてもなく歩くヒョクのもとに、ダレから、会いたいと電話が入る。

posted by macchin at 04:43| Comment(0) | 韓国ドラマ LovingYou | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国ドラマ 『Loving You』 あらすじ 第6話〜第10話

パク・ヨンハが『冬のソナタ』に続き主演。
済州島を舞台に男女4人が繰り広げる青春ラブストーリー。
韓国ドラマ 『Loving You』第6話から第10話のあらすじです。

第6話
ヒョクからフレームバーのことを問われたスギョンは、ダレから聞いた話を自分の体験のように語り、自分が命の恩人であるとヒョクに信じ込ませる。さらにスギョンは、真実が漏れぬよう、先手を打ってダレを呼び出し、涙ながらの大芝居で同情を引いて、ダレの口を封じてしまう。
その晩、ヒョクと食事をしたダレは、スギョンへの友情から真実を言えずに悩むが、2人で会うことに喜びを感じる。
会長の思惑とも知らず、チュンリムに就職が決まっていたダレは、楽しげに父親の思い出を語るが、それを見るヒョクは、複雑な思いを抱く。翌日タレは、意気揚々とチュンリムに初出社するが、偶然、昇進問題で逆上していたカン課長に出くわす。父親の死に関係しているのではとカン課長に詰め寄るダレだが、逆に彼から「会社上層部が父親を殺したのだ」と聞かされ、愕然とする。そのまま会社を後にしたダレは、帰る途中、海岸で親しげに話をするヒョクとスギョンを目撃してしまう。

第7話
街で偶然カンに会ったダレは、父の死の詳細を聞くうち、カンが現場を目撃しており、チャンワンが二重帳簿作成を拒んだ父に腹を立て、部下に命令して父を殺させたと聞きショックを受ける。
夕方、カフェでダレと待ち合わせたヒョクは、ダレからカンの話を聞いて動揺するが、話を鵜呑みにせず2人で真相を究明しようと約束する。その会話を立ち聞きしたスギョンは、2人が仇同士かもしれないと知り、それを利用して2人の仲を裂こうとほくそ笑む。翌日、ダレにあったスギョンは、チュンリムにいた知り合いが、二重帳簿のせいでチンピラに脅迫され辞職したとのデマを吹き込み、ダレの猜疑心をあおる。
一方、ミンはヒョクに、ダレかスギョンか態度をはっきりさせろと詰め寄る。そこでヒョクは、スギョンが1年前の事故のとき自分を助けた命の恩人だと告げる。しかしスギョンが泳げないことを知っているミンは納得がいかず、スギョンを問い詰める。

第8話
チュンリムに入社しなかったダレのため、ヒョクは、知り合いの雑貨店に就職を斡旋する。親しげな2人が気に入らないスギョンは、チュンリムのメールアドレスを盗み出し、匿名で脅迫メールを送りつける。その内容が二重帳簿やもと管理部長の死に触れていたことから、チャンワンはダレに疑いを持ち、身辺調査を秘書に命ずる。その結果、ダレがミンと映画撮影で親しくしていることを知り、息子を利用されていと判断したチャンワンは、秘書を通じてダレに釘をさす。
父親の死について、おかしな噂をたてると名誉毀損で訴えると脅されたダレは途方に暮れるが、偶然その様子を見かけたヒョクに慰められる。一方スギョンは、その日、ヒョクとデートの約束を取り付けていたが、待ち合わせ場所に現れないヒョクに電話をかける。そして、ヒョクがダレのためにデートをキャンセルしたことを知り、ショックを受ける。その夜スギョンは、怒りを隠してダレの家を訪ねる。

第9話
チュンリムに来た脅迫メールが、ヒョクの頭から離れない。ヒョクとダレの携帯にしか入ってないはずの、二人のツーショット写真が使われていたからだ。まさかと思いつつも、ダレへの疑念を払拭できないヒョク。さらに、チャンワンやスギョンの言葉が、その疑念に追い討ちをかける。そこへダレから、就職の斡旋のお礼にと、昼食に誘われる。だが、不信感に苛まれるヒョクは、それをすっぽかしてしまう。怒ったダレは、チュンリムまで文句を言いに来るが、ヒョクは逆に、自分を利用したのかとダレをなじってしまい、ついに二人は大ゲンカをしてしまう。
その様子を見ていたスギョンは、すぐさまヒョクのもとへ行き、前回キャンセルされたデートの約束を再び取り付けることに成功する。一方、スギョンに時々連絡をしてきた謎の男ヒョングンが、ついに済州島へやって来る。

第10話
夜のカフェで、ヒョクとスギョンが二人きりで踊るのを目撃したダレは、すぐにその場を立ち去る。後から来たミンたちの話から、目撃されたことを悟ったヒョクは、ダレの家に駆けつけるが、冷たく拒絶されてしまう。
翌日、ダレの働く店をヒョクが訪れる。二人のツーショット写真がプリントされたTシャツを着たヒョクに、ダレの頑なな気持ちも動き、仲直りした二人は、絆を深める。そんな二人を何とか引き離そうと、スギョンはヒョクに、ダレを疑わせるような話を吹き込むが、もうヒョクは信じようとはしなかった。
翌朝、ヒョングンと手下の話を漏れ聞いたヒョクは、ヒョングンが問題を起こして済州を去ったらしいと知る。さらにチャンワンから、ヒョングンが以前クラブで働いていたと聞き、ダレから聞いた言葉を重ね合わせたヒョクは、ある疑念を抱く。
一方、映画サークルは、無事撮影をクランクアップさせる。それを機に、ミンはダレに秘めていた想いを告白する。

posted by macchin at 04:23| Comment(0) | 韓国ドラマ LovingYou | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国ドラマ 『Loving You』 あらすじ 第1話〜第5話

パク・ヨンハが『冬のソナタ』に続き主演。
済州島を舞台に男女4人が繰り広げる青春ラブストーリー。
韓国ドラマ 『Loving You』第1話から第5話のあらすじです。

第1話
2001年7月、韓国済州島。青年映画監督のヒョクは、台風による荒天をおして船上で映画を撮影していたが、仲間が海に転落し命を落とす。助けようとしたヒョクも重傷を負って意識を失うが、海岸で撮影をみていた海女のダレに助けられる。
同じ日、ダレの父親が何者かによって崖から追い落とされ死亡するが、警察の判断は事故死だった。
1年後、ヒョクの腹違いの弟ミンが、恋人スギョンら映画サークルの仲間と島に撮影にやってくる。
ヒョクとミンの父親は、地元の巨大リゾート企業チュンリムの会長。ミンは製作費を稼ぐため、ヒョクが社長であるカフェで働くことに。だがヒョクは、自分の素性を仲間に言うなとミンに釘をさす。ヒョクはチュンリムの後継者ながら、父を嫌って果樹園で働いていた。そこでヒョクとダレは再会するが、2人は互いに覚えていない。

第2話
ミンはヒョクの家を訪ね、今回の映画は1年前の事故がモチーフだと告げ、ヒロイン役が見つからないとこぼす。
ヒョクからダレが海女だと聞き、早速スカウトする。だが2人が接近するのを恐れたスギョンが妨害を始める。そのため仕事で納品ミスを犯したダレは、チュンリム会長であるヒョクの父親が経営するホテルへ謝罪に行く。ダレの父親は、かつてチュンリムの管理部長だった。偶然、管理部の前を通りがかったダレは、父親が裏帳簿作りを拒否したため命を落としたと社員たちが話しているのを聞いてしまう。
後日、ダレの母親が自宅で父親の日記を見つける。そこには、会社から悪事を強要されたとの記述があった。日記を見たダレは、父親の後釜に座ったカン課長を訪ねる。
一方、ヒョクが映画監督だったことを知ったダレは、去年自分が助けた人物ではないかと気になり始める。

第3話
スギョンが、ヒョクがミンの兄であり、チュンリムの後継者であることを知ってしまう。その途端スギョンは、ミンを振り、ヒョクへの接近を図る。
ダレは会長のチャンワンに、父の死の真相を知るべく調査を頼もうとするが、門前払いをくう。落ち込むダレをヒョクは競馬に連れて行く。競馬に熱中するヒョクにダレは好感を覚え、電話番号を交換する。
映画サークルのカメラ担当ソンウクが、映画開始を前に腕を怪我してしまう。スギョンとミンが、ヒョクに、代わって撮影してくれるよう頼むが断られる。見かねたダレは、強引にヒョクをロケ現場の小島へ引っ張っていく。撮影を通じて接近するダレとヒョク。それに嫉妬したスギョンは、ダレをひとり島に置き去りにされるよう仕向けるが、結局ダレとヒョク2人は島で一夜を過ごすことになる。

第4話
小島の民宿の庭で、上半身裸で洗顔するヒョクを見たダレは、ヒョクの脇腹の傷を見て、1年前に自分が助けた人物だったことに気づくが、真実は言い出せなかった。それでも、二人の距離は縮まった。
後日ヒョクは父親の会社チュンリムに就職するが、ダレが会長チャンワンに父親の死の調査依頼をしている話を偶然に聞いてしまう同時に、上層部が関わったとの噂も知ってチャンワンに問い詰めたが、疑惑は深まるばかり・・・。
一方スギョンはヒョクに接近する為、ヒョクの母親のことを調べ上げる。

第5話
ヒョクの就職祝いにネクタイピンを買ったダレは、果樹園を訪ねるが、ヒョクは家を引き払っていた。ヒョクの就職先も住居も知らないことに落ち込むダレは、ミンにヒョクへの愚痴をこぼす。ミンはダレに正体を明かさぬヒョクに怒りをぶつける。
一方、酔いつぶれたダレを自宅まで送ったスギョンは、ヒョクが持つのと同じフレームバーを見つけ、1年前にダレがヒョクを救った話を聞きだす。
翌日、ダレの家をチュンリムの会長秘書が訪れ、ダレを採用したいと告げる。その日、カフェに現れたヒョクは、チュンリムに就職したことを皆に伝え、ダレを外へ連れ出す。ダレは、今日が自分の誕生日だとアピールするが、父親への疑念で頭がいっぱいのヒョクは気づかない。怒って帰ったダレを待っていたのは、サークル仲間の誕生パーティー。その騒ぎの中、スギョンはダレの部屋からフレームバーを盗み出す。

posted by macchin at 04:17| Comment(0) | 韓国ドラマ LovingYou | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。