韓国ドラマ 『いとしのソヨン』 キャスト&登場人物D: なぜか気になる韓国ドラマ・韓国エンタメ情報
iTunes Store(Japan)  

2013年08月19日

韓国ドラマ 『いとしのソヨン』 キャスト&登場人物D

韓国ドラマ 『いとしのソヨン』のキャスト&登場人物です。

●その他の主要人物

ユン・ソミ役 チョ・ウンスク
チョ・ウンスク_いとしのソヨン.jpg
カン・ギボムの秘書室長。
常にきれいですっきりしている身だしなみに優雅で暖かいほほ笑みがトレードマークであるカン・ギボムの秘書室長。
まるでカン・ギボムを補助するために生まれた人のように時には手厚く時には暖かく...カン社長の頭の中に入っている人のように彼のためにあらゆるものをあらかじめ準備して部下職員たちが舌を巻くほどだ。

チョン・ソンウ役 チャン・ヒジン
チャン・ヒジン_いとしのソヨン.jpg
ウジェの昔の恋人。現在ローファーム国際パート弁護士。
ウジェのアメリカ留学時代のガールフレンドでソヨンのため失恋し大きく傷つく。
ウジェの近所に暮してミギョンとは女子高同窓で女子高の時からミギョン家を気楽に出入りして家族たちとも打ち解けた間柄だ。
父は現職判事で父方・母方合わせ判検事、弁護士があふれる法曹界家出身。
なんでも自分が願い次第になるつもりという自信感が強くてソヨンと結婚したウジェの愛を一時的な感情だと恥じ、アメリカに帰らないで国内ローファーム国際パート弁護士に残って友達という名のもとでウジェのそばを離れない。

イ・ヨニ役 ミン・ヨンウォン
ミン・ヨンウォン_いとしのソヨン.jpg
ソヨンの友達。ローファーム事務職員。
女子高 3年生の時のソヨンとライバルとして競争しているとき、ソヨンの母が自分の家のヘルパーと言うのが分かってからはわざわざソヨンを呼び入れて友達の前で自尊心を踏み付けて学校をやめるさせるようにした人物。
裕福な家庭で家男兄弟がない一人娘でありソヨンと同じクラスになった後いつも自分を追い抜いて注目されるソヨンにやきもち焼いて幼稚的な工作を企んだが、それによってソヨン退学までしてしまうとソヨンに申し訳なかった。
その後、まるで罰を受けるようにソヨンの退学後父の事業が傾き始め、大学入学を契機でソウルに移住してからローファームで運命的にソヨンとでくわす。

コ・スンチャン役 クァク・スンナム(ソハン)
クァク・スンナム_いとしのソヨン.jpg
法務法人非常の弁護士。
明るくて愉快で、いたずらっ気多い性格の持ち主に 「眠るまでおもしろく生きよう」 が人生のモットーである好奇心旺盛な人物。
あらゆる事が気になって特に人々に関心が多くて、ローファームの人々を取りまとめて分かったふりをする。
弁護士初担当事件がマスコミに報道され有名弁護士として登板、以後あらゆる事件の弁護を引き受けながら人間たちの醜い内面と二重性を吐き出させることを経験するようになって、人に対する幻滅と不信感に支配された。
人間は信じる事ができないというほろ苦い人生をシニカルに生きながらも一方の虚弱さを儲けるだけ使って、楽しむことで解く。

パン・シムドク役 イ・イルファ
イ・イルファ_いとしのソヨン.jpg
サムジェの家大家。木工家具店社長。
サンウが結婚後に引っ越した家の女将さん。
30代中盤に夫と死別して夫がしていた木工家具店を運営して息子一人必死に育てて留学まで送った女丈夫。
なかなか商売があがらないので留学費に加えるために母屋をサムジェに賃貸しして離れ屋に移りながらサムジェに会う。
いつもミリタリールックに目深にかぶった帽子がトレードマークで女のにおいは少しも漂わない男のような性格。サムジェに他人には分からない恋心を抱くようになるが、男みたいに表現が下手なせいでいつもこっけいな状況を演出してしまうようになる。
posted by macchin at 19:06| Comment(0) | 韓国ドラマ いとしのソヨン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。