韓国ドラマ 『いとしのソヨン』 キャスト&登場人物C: なぜか気になる韓国ドラマ・韓国エンタメ情報
iTunes Store(Japan)  

2013年08月19日

韓国ドラマ 『いとしのソヨン』 キャスト&登場人物C

韓国ドラマ『いとしのソヨン』のキャスト&登場人物です。

●チェ・ミンソクの家

チェ・ミンソク役 ホン・ヨソプ
ホン・ヨソプ_いとしのソヨン.jpg
ホジョンの父。ウィナーズ理事。
家庭にで疎外された父の典型。
カン・ギボムの高等学校同窓でウィナーズ理事。
平凡で兄弟の多い家の末っ子に生まれて手ごろな大学を卒業し高等学校の友人であるカン・ギボムのお陰で彼の会社に入社、理事まで昇進したから...
他人の視線で見ればそれなりに成功的な人生と見えるが、会社では落下傘人事という毒々しい眼差しから脱することができず自己恥辱感に大変で、いざ家庭ではあらゆる実権を妻に奪われたまま自分の席を捜すことができない下宿生みたいな存在だ。
友人の会社ではなかったら多分今も部長の切符すら得る事ができない程度の能力なのを自認するところと、友人と言いながらも社長であるギボムの顔色を窺うばかりである。

元々夢は俳優だった。
いたずらっ気多くて笑いあふれる才能多い彼だったが今の彼は自分自身性格がどうかも分からない。
一体なぜ生きるのか...

ギム・ガンスン役 ソン・オクスク
ソン・オクスク_いとしのソヨン.jpg
ホジョンの母。
勢いは女丈夫に財テクの達人だ。
元々は優しくてか弱い性格でカン・ギボムの妻チャ・ジソンの紹介でチェ・ミンソクと結婚した。
女子商業高校を卒業して名門大出身の安定した会社員である夫と結婚する当時にはジソンお陰で得たその幸運の結婚を感謝した。
七歳になった前妻の子を育てなければならない再婚であるのが気にかかったが、自分自身の条件に対し未来明るいミンソクにすっかりおぼれて被せたさやで盲目的になった。

切迫したお金用意に吟っている途中 「界」 という驚くべき方法を見つけた以後新しい財テクの世界に接するようになった。
そのようにがむしゃらに震えながら暮す間弱いコスモスみたいだった彼女もますます強くなった。
女の運命を占うウンパク(運命のひょうたん)...
昔話に間違いはなかった。

【解説】女の運命を占うウンパク(運命のひょうたん)
ヒョウタンの中をくり抜いて作ったカサゴにはお酒などを入れていますが、
おコメが入っているウンパクは金持ちの象徴。
マグサが入ったウンパクは貧乏の象徴。
女がどんな男に会って、どんな結婚をするかを占うのがこのヒョウタン。

人生の最初を両親の下で生きて、残りは配偶者と共に。
どの配偶者に会って、どのように人生を設けていくか?
男女共にウンパク人生は同じだと考えられますが、子供を産んで育てるという側面を考えた場合は、結婚により受ける影響は男より女がより大きいと言えましょう。

女たちは男よりも多くの苦悶に陥るようです。


チェ・ホジョン役 チェ・ユニョン
チェ・ユニョン_いとしのソヨン.jpg
チェ・ミンソクとギム・ガンスンの娘。
音大ハープ専攻大学生。
幼い頃から母によって、母の意志によって育てられた代表的なママゴル
温室の中に花のように育ったように擦り傷一つなくきれいだ。
そこに神様が五臓六腑の中で間違いに何か一つ落とした人のように酷くてきついところとはなくまろやかで弱くて情多い性格で生まれた。
他の人の言葉を聞くとおりにそのまま信じてよく後頭部を打たれるのが特技。
音楽に才能がないながらも母の意志によってハープを専攻、母が決めた人と結婚しようと思っていたが、サンウと会って愛に陷る、それも片思いに。
母が分かればびっくりして飛び上がる、とても貧しく家柄も足りなくてホールの父の一人息子であるサンウを...
その上に彼には女があるというのに!
自分が妹のように可愛いいが女性としては見られていないのに!!...
狂うようにその男を好きになる。
【解説】ママゴル
自立心のない子供たちの共通の特徴は、自主性がないということだ。 自主性というのは特に誰が許可しても、自分で自分の感情をコントロールし、何か行動する能力を言うこと。 よく'ママボイ'、'ママゴル'と呼ばれる子供たちは自らすべきことをせず、親の助けをたくさん要求する。 したがって、このような子供はストレスを受ける状況で、本人自らの取り組みをしておらず、年齢発達に合わせて大人の行動をしない。


チェ・ギョンホ役 シム・ヒョンタク
シム・ヒョンタク_いとしのソヨン.jpg
ミギョンの初恋相手。ホジョンの異母兄。
外科専門医。
チェ・ミンソクの死別した妻との間に生まれた息子。
七歳の時に父の再婚でキム・ガンスンを継母で迎えるがめったに同じ家族で適応できなくて空回りして暮らして医科大学入学を契機で独立、一人で生活しながらチェ・ミンソク一家と疎遠になった。
公衆保健医を終えて発ったアメリカ語学研修でボヨンと出会い彼女の情熱につかまってアメリカ医者考試を経てアメリカ病院に進路を変えて結婚したが、結婚 3年目に肝臓癌で妻を失った。
その後単独でアメリカ生活をしていたが、ミギョンの病院のスカウト提案を受けて心の底から懐かしかった故国に戻る。
posted by macchin at 18:59| Comment(0) | 韓国ドラマ いとしのソヨン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。