キム・スヒョン&オ・ヨンソ&パク・ミニョン…女優不足のこの時代に、やっと見つけた宝石たち: なぜか気になる韓国ドラマ・韓国エンタメ情報
iTunes Store(Japan)  

2013年07月31日

キム・スヒョン&オ・ヨンソ&パク・ミニョン…女優不足のこの時代に、やっと見つけた宝石たち

男性俳優たちの相次ぐ入隊で、韓国の芸能界は一時期、若手男性俳優の不足に悩んでいた。しかし、最近芸能界の波が変わり、現在は映画界やドラマ界で20代女優の不足現象が現われている。最近公開された映画やドラマを見ると、ほとんどが20代の女優よりは30〜40代の女優たちが主演を演じている。20代の若手女優に恵まれていない今の時代。しかし、やっと見つけられた宝石たちは、視聴者の視線を独占している。その宝石たちとは、MBCシットコム(一話完結で連続放映されるコメディドラマ)「スタンバイ」のキム・スヒョン、KBSドラマ「棚ぼたのあなた」のオ・ヨンソ、MBCドラマ「Dr.JIN」のパク・ミニョンの3人だ。

「スタンバイ」キム・スヒョン、一途な女性から笑いの才能に富んだ“キムPD”まで…“多彩な魅力”

スリムなボディラインに神秘な魅力の顔立ち、明るい性格まで。女性たちの憧れとして人気を博しているキム・スヒョンは、シットコム「スタンバイ」でこれまで披露されていなかった新しい魅力をアピールしている。KBSドラマ「逃亡者 PLAN B」で美貌の秘書を演じ、「ロマンスタウン」では賢いキャリアウーマン、「ブレイン 愛と野望」 では“翼女”(劇中でシン・ハギュンに「あなたの翼になってあげる」とプロポーズしたことから付けられたニックネーム)を演じ、視聴者に知的で都会的なイメージをアピールしてきたキム・スヒョンが、新しい一面を見せ付けた。キム・スヒョンは劇中で弟にパンチを飛ばし、様々な流行語を使ってお笑いの才能を思いっきりアピールするキムプロデューサー役を演じ、劇の序盤では視聴者に彼女が「ブレイン 愛と野望」の“翼女” と同一人物であると気付かれないほど完璧な変身に成功した。

それだけでなく、キム・スヒョンはリュ・ギウ(イ・ギウ)、ハ・ソクジンとともに三角関係を形成し、恋愛模様の進展も予告した。一つのキャラクターの中で多彩な魅力をアピールし、注目を集めている。また、最近の放送ではソウルポップの楽曲「Mercy」を歌い上げ、歌に長けている才能をもアピールし、本当の“才色兼備”として認められた。このように美貌と壊れることを恐れない演技への情熱、高い歌唱力など多彩な魅力を披露しているキム・スヒョンは、今後の変身が楽しみである女優と浮上し、視聴者の関心を独占していているだけでなく、隠されていた宝石のような20代女優として評価されている。
キム・スヒョン.jpg
写真=TVレポート DB


「棚ぼたのあなた」オ・ヨンソ、シンクロ率100%の憎き“国民の義妹”に

最近、30%を上回る視聴率を記録し、“国民のドラマ”として人気を博している「棚ぼたのあなた」の大家族の中で断然注目を集めているのは、憎き義妹のマルスクだ。“国民の義妹”と言われるほど、憎いキャラクターを自然に演じきっているオ・ヨンソは、好きな男性の前では優しい義妹を装い、視聴者の笑いを誘っている。憎いが明るくハツラツとしたその姿で、いやらしいキャラクターを一段階進化させたと言える。

マルスク役で国民的な関心を集めているオ・ヨンソは、華麗な経歴の持ち主でもある。中学時代、歌手チョン・へビンとともに3人組ガールズグループ「Luv」で活動した他、KBSの青少年向けドラマ「四捨五入2」で主人公のオクリムの姉に扮し、本格的な演技活動を始めた。ステージとドラマの両方で活躍していたオ・ヨンソは、「棚ぼたのあなた」で劇に活力を与えており、役者としての成長にも期待がかかっている。

オ・ヨンソ2.jpg
写真=TVレポート DB

「Dr.JIN」パク・ミニョン、朝鮮時代初の女性医師ヨンレ役で話題に

「Dr.JIN」で美貌の女性医師、ヨンレ役を演じるパク・ミニョンが、宝石トリオの最後の一人だ。彼女の演じるホン・ヨンレは、没落した家門のお嬢様で、上品な振る舞いや強靭な性格の持ち主だ。朝鮮時代初の女性医師として、積極的で前向きな女性像を表現すべく、ペニシリンのために炎の中に飛び込んだり、厳しい拷問を受けるなど、体力的にも容易くは演じられないシーンが多かった。だが、パク・ミニョンは体を張って演技を披露し、本当の役者としての一面を見せ付けた。

また、パク・ミニョンは新人女優であるにも関わらず、多様なキャラクターを演じてきた経歴があり、多彩な魅力を披露できる女優としても評価が高い。MBCシットコム「思いっきりハイキック!」で秘密を隠している神秘的な少女を演じたり、ドラマ「幻の王女チャミョンゴ」でラヒ(羅姫)役、「トキメキ☆成均館スキャンダル」で男装女性のキム・ユニ役を演じ、時代劇と現代劇を自由自在に演じ切り、演技力を培ってきた。今回の「Dr.JIN」では、朝鮮末、徐々に近代化に目を覚ます積極的な女性を演じ、安定した演技で視聴者から「今後が楽しみな女優」として注目されている。

このように30代の女優たちが主となっているお茶の間で、隠されていた宝石と呼ばれ、大活躍している20代女優のキム・スヒョン、オ・ヨンソ、パク・ミニョン。成熟した魅力の30代の女優とは違った、初々しく新鮮な魅力を披露するこの女優たちに、視聴者の関心が集まっている。
パク・ミニョン1.jpg
写真=TVレポート DB


元記事配信日時 : 2012年07月18日09時24分 記者 : チャン・ヨンジュン
posted by macchin at 13:43| Comment(1) | 韓国芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
整形 というタイトルのホラー映画に主演で出で欲しいです。ぜったいに、500万人突破します。
Posted by 唯 at 2014年02月13日 22:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。